小田原市で唯一の腰痛・ひざ痛専門整体院 葉音~Hanon~

070-1560-0726

メールでご予約

070-1560-0726

2017年11月20日

揉み返しは起こるべくして起こっている!?

こんにちは、小田原市の慢性腰痛・ひざ痛専門店 整体院葉音~Hanon~、院長の楠です。

 

本日も当院のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

 

小田原を中心に箱根、湯河原、神奈川県西部地域の腰痛・ひざ痛でお悩みのあなたへ有益な情報を発信していきます。

今日のお話は「揉み返しは起こるべくして起こっている!?」というお話です。

 

だいぶ寒くなってきましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

私は施術中の寒さを緩和するために、インナーを長袖に変えた今日この頃です。

 

そんな話はさておき、

 

最近、当院に来られる患者さんからよく聞かれるお話しとして、

「マッサージ屋さんにいくとその時は気持ちがいいけれど、帰った後、余計痛みが出るんですよ」

 

と言われる方が多くいらっしゃいます。

 

これを一般的には、「揉み返し」と呼ばれますが、この揉み返しが起きるには明確な理由があります。

 

例えば、肩こりがあると、肩をもみますよね。

 

肩の上部が痛くなったり、だるくなったりすると思うのですが、ひどくなれば頭痛や吐き気などを引き起こしてしまいます。

 

肩こりというのはこの痛みが出ている肩上部の状態は筋肉が引き伸ばされている状態となっています。

 

もう少し細かくお伝えすると、他の関連する部位が硬くなり、その原因の筋肉自体が短縮することで肩の上部が引っ張られてしまい痛みやだるさが出ていると思ってください。

 

傾向としては肩甲骨が下方に下がっている事が多いです。

 

 

引っ張られている肩の痛い部分(僧帽筋や肩甲挙筋など)をマッサージする事でより、筋肉は引き伸ばされてしまいしまいには筋肉が切れてしまいます。

 

筋肉が切れることで、マッサージの時は気持ち良かったにも関わらずのちに揉み返しとなってだるさ痛みを余計に引き起こしてしまします。

 

いわゆる筋肉痛のような痛みの出方ですね。

 

これは非常に悪いループで切れた筋肉は修復しながら、より固まり繰り返し肩こりを引き起こしてしまうのです。

 

 

ではどのようにしたらよいのでしょうか?

 

 

この場合、治療としてはやはりどこの部分が肩を引っ張ってしまっているのかが重要になってきます。

 

 

特に引っ張っている傾向が強い筋肉として小胸筋や広背筋が影響している事が多いです。肩甲骨を下方や外方に動かしてしまう筋肉です。

 

 

これらの短縮した筋肉を柔らかく、伸ばしてあげる事によって肩こりはなくなってきます。

 

 

これは腰痛や、ひざ痛の時でも同じような考え方ができます。

 

 

痛い所には原因がない事がほとんどです。

 

 

揉み返しも痛い所を触ることによっておきますので、しっかりと痛みの原因が分かり治療ができれば、必然的に揉み返しが起きるという事もなくなるのです。

 

ぜひ、他院とは違う揉み返しを起こさない施術を受けたい腰痛・ひざ痛でお悩みの方は是非当院へお越しください。

 

 

腰痛・ひざ痛でお困りの方は、小田原唯一の腰痛・ひざ痛専門 整体院 葉音へお電話ください。無料でご相談も受け付けております。

お問い合わせは07015600726まで

ホームページはhttp://seitai-hanon.com/からご連絡下さいネ!

 

 

 

整体なんて行ったことないけど大丈夫かな?不安で仕方ない・・・そんなあなたに、安心のご提案です。

整体院 葉音を出るときには
いつの間にかあなたの顔に笑顔が戻っている事をお約束します!

2月28日まで、1日1名様限定

前日までのご予約で「ホームページを見ました!」とお伝えください。
通常初回価格 10,000円

初回限定 お試し価格 1,980円

院長が一人で丁寧に施術を行います。
本気で治したい方は今すぐお電話ください。

070-1560-0726
メールでのご予約はこちら

※営業時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
営業時間外の問い合わせは、ぜひメールフォームからお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。